未熟児養育医療の給付

[概要]

未熟児養育医療の給付とは身体の発育が未熟なままで生まれ、入院を必要とするお子さんに対して、その治療に必要な医療費を公費で一部負担する制度です。入院して養育を受ける必要があると医師が認めた満1歳未満のお子さんが対象となります。県内または県外の指定養育医療機関での治療に限られ、世帯の所得税額に応じて、自己負担金が生じます。

<給付対象となる費用>
●診察
●薬剤または治療材料の支給
●医学的処置・手術およびその他の治療
●病院または診療所への入院およびその療養に伴う世話その他の看護
●移送

[支給内容]

指定養育医療機関での入院費のうち医療保険適用後の自己負担額に相当する額を公費で負担します。

[対象者]

館山市内にご住所のあるお子さんで、養育医療の対象となる未熟児であると認められる方

[申請できる人]

対象となるお子さんの保護者の方

[申請期日]

随時
※早めの申請をお願いします。

[手続きなど詳しくは]

「未熟児養育医療について(館山市サイト)」をご覧ください。

未熟児養育医療について(館山市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく